F1 MOTOGP 現地観戦へ行こう

モータースポーツ観戦のために海外に行くルートや宿泊情報を紹介します。

MOTO GPを観戦にPhillipisland-circuitへ行こう!

こんばんは

3月最初のご案内は世界最速の2輪レースMOTOGPを見にいく旅です。

しかもレース場所はオーストラリアはフィリップアイランド(Phillipislandcircuit)です。

 

このサーキットの見どころと言えば!豪快な景色!そしてマシンが海へ吸い込まれていくようなレイアウトです。TV映像で見ていても景色の良いサーキットです。

 

ではご案内開始

  1. 飛行機
  2. 宿泊
  3. SIM
  4. チケット
  5. 移動手段
  6. 予想総額

まずはフィリップアイランドの場所ですが・・・・皆さん知らないと思うので

f:id:f300296:20190306195750j:plain

フィリップアイランド

オーストラリアの玄関口メルボルンのすぐ南にあります。

 

 

1.飛行機

日本国内からメルボルンの直行便で一番安いのはジェットスターとなります。

OOL(ゴールドコースト)経由で6万円~です。時間は14時間うち2時間ほど空港で待つこととなります。

直行便はオーストラリアに強いカンタス航空です。

ごはんも出るのでカンタス航空のほうがメリットが大きいかと10万円~の値段です。

 

f:id:f300296:20190306201646p:plain

 

2.宿泊

今から探すとですね。。。べらぼうな価格なのは覚悟してください。

f:id:f300296:20190306202328j:plain

フィリップアイランド MOTOGP 2019 宿泊価格

フィリップアイランドには泊まれないと思った方がいいですね。

これだけ範囲を広げないと見つかりません。

 

3.SIM

オーストラリアはなんどか紹介している通り大手3社となるでしょう。

Telstra Vodafone Optus

3社ともに電波は4Gで良好のようです。

メルボルン空港で購入をお勧めします。

 

4.チケット

グランドスタンドチケットか立ち見のgeneral admissionになるでしょう。

f:id:f300296:20190306204322j:plain

個人的には観客席とコースが近くて景色も楽しめるSIBERIAがいいかなと

まだ販売されていませんので価格がわかりませんが、概ね現地価格6500~12000円ほどでしょう。

 

5.移動手段

空港からサーキットは直通のバスが出ていたするようですが、ホテルが近場で取れない場合等を考えるとレンタカーで宿泊場所とサーキットを往復すると思います。

 

空港のレンタカー検索ページはコチラ日付を入れて年齢と国を選択すると値段の安い車から提案してくれます。

f:id:f300296:20190306210854p:plain

オーストラリアと言えばホールデンの車ですよね!

今回はHolden Commodore Wagonをお借りする仮定で話を10月25日から28日までかります。基本的な金額はAUD371.48日本円で約3万円ほどです。(2万9千円ほど)

 

カープロテクションと書いてる場所には事故や盗難、擦ったり、傷つけたりするとこの車の場合AUD4000-8000支払ってもらことになる。(日本円で31万円~62万円)

なので保険に入ってほしい 

AUD4000まで補償するプラン

AUD6000まで補償するプラン

AUD8000までAUD123(日本円で1万円程度) の3プラン

 

一番高いのに入って問題ないでしょう。

 

その下はナビ(GPS)が必要かチャイルドシートが必要か書いてあります。ここは一日あたりの値段です。価格x借りる日付分費用が掛かります。

AUD8000までの保証プランにナビを選択するとAUD495ほど(3万9000円ほど)

 

お好きな車に乗ってください。ただホールデンはオーストラリアでしか乗れません。

 

6.予想総額

 

まずは飛行機が10万円ホテルが10万円チケットが2万5千円(仮)レンタカーが4万円

(ここだけで26万5千円)

燃料費、高速道路、雑費、食費(4万円と仮定)

30万円ほどですね。

安くするにはレンタカーは格安に、ホテルは1年前から予約すること、時間をかけてフライトを・・・で5~7万円ほど違うと思います。

 

ただ個人的にはフィリップアイランドでMOTOGPを見れるならこのぐらいは・・・と

日本GPは何度も行ってますがねぇ

 

ではまた次のレースで!