F1 MOTOGP 現地観戦へ行こう

モータースポーツ観戦のために海外に行くルートや宿泊情報を紹介します。

ついに最下位脱出か? Williams new look FW43 F1 2020

こんばんは

Williamsから新型FW43がオンラインで登場しました。

f:id:f300296:20200217195132j:plain

f:id:f300296:20200217195136j:plain

とてもいいカラーリングですね!

 

クビサが持ってきたORLENがアルファロメオに移動しましたが、ROKITはそのままのようで大きいスポンサーだとABK BEERが付いたようですね。

ショーカーと走行マシンではしばしば違うエアロパーツが付いている場合が多いですが早速違いを

f:id:f300296:20200217195613j:plain

f:id:f300296:20200217195715j:plain

リアウィング下 ダブル(Tウィング)が追加されています。今の所TウィングがあるのはハースのVF-10とFW43だけ。

レーキ角 FW43とW11

f:id:f300296:20200217201029j:plain

f:id:f300296:20200217201041j:plain

同じ場所ではないので一定条件ではありませんが、FW43はかなり角度を付けていると言えるでしょう。

ホイールベースとの関係性もあるが、レーキ角の角度が付いていると言うことは

フロントからの空気をフロア下に大きく流しダウンフォースを発生させよう考えているのがわかります。去年のFW42も角度自体はありましたが、エアロパーツがうまく動作せずにグリップ不足に悩んでいました。サイドからの風が流れてきてダウンフォースの発生を妨げているためです。

 

メルセデスはレーキ角を大きく付けることで出てくるデメリットとエアロコンセプトのいい所取りです。大きく付ける必要が無いようにフロントからすでに開発していきます。

 

大きなチームは全体で開発できますが、中段以下チームは予算内でレギュレーションに合わせたパッケージを作るしかありません。

たまに奇抜なエアロが出てきたりしますが、ほかのチームではやらなかったことをやってきます。勝てる要素が少しでもあるので(大体失敗しますが)

 

f:id:f300296:20200217202257j:plain

 

FW43のパッケージの感想

予算が明らかにないのかフロントセクションの大半が去年と変わらない

サイドポンツーンの落とし込み絞り込みはW11にすごいがフロントからの空気に対してチグハグでは?

フロアが良く見えていないので不明だが、低速域のグリップは去年同様苦しむと思われる。シャークフィンとレーキ角でストレート区間は伸びが期待できるが、中速域は・・・

頑張ってほしいチームであるが、まずは大型スポンサー獲得に専念しないとまずいだろうと思ってます。

f:id:f300296:20200217202810j:plain