F1 MOTOGP 現地観戦へ行こう

モータースポーツ観戦のために海外に行くルートや宿泊情報を紹介します。

中外製薬のアクテムラがコロナ重症者への救世主となるかも?

中外製薬のアクテムラがコロナ重症者への救世主となるかも?

 

www.mag2.com

17日まぐまぐニュースで書かれた記事

アクテムラの話は2~3日前から出ていましたが、読める記事が出てきたので書きます。

 

 

治療薬研究に関して、本庶氏は一つの薬名をあげた。「アクテムラ」(一般名:トシリズマブ)。中外製薬創薬した国産初の抗体医薬品で、関節リウマチをはじめ6つの病気の治療薬として承認されているものだ。

「アビガン」は軽症段階で投与すれば効果が出るといわれるのに対し、「アクテムラ」は重症患者の治療に使えるのではないかと期待が高まっている。

中外製薬は、4月8日に新型コロナウイルス肺炎の薬として治験をはじめる届けを出したが、厚労省の動きはというと、いつものことながら、鈍い。

 

ニュースでよく聞くのがエイズの薬や富士フイルム富山化学が開発した「アビガン」ですが、どれも軽症者向けの薬で重症になってからでは対応できる薬はないと思われていましたが、中外製薬アクテムラがどうやら期待できそうだと言うことです。

f:id:f300296:20200417193826j:plain

このアクテムラですが、関節リウマチや成人スチル病などの薬とて認証されていて

記事にあるようにこのアクテムラがサイトカインストームがIL-6の受容体を遮断する効果があることが分かっているのでもしかしたら・・・と言うことです。

 

 

サイトカインストームが発生してしまうとコロナウィルスの場合死に大きくかかわるようで、免疫力が大きく変わるそうです。

現状 肺が重症を負ってしまうとECMOと人工呼吸器で酸素を補給して自力回復をするしかないそうです。

高齢者の死亡原因はこの免疫力の大きな変化に耐えられないのでは?と思っています。

 

既にアクテムラを使用されている患者さん向けに中外製薬がPDFで注意喚起をしています。

f:id:f300296:20200417194808p:plain

このPDFを見ると予防薬としては効かないというか逆に良くないのかなと

もちろん感染したけど軽症ですむ可能性もある訳でいろんなデータがまだまだ必要というわけですね。

 

 

アビガンや今回のアクテムラ 日本の薬ですが、果たして世界に通用するのか?

f:id:f300296:20200417195228p:plain

海外では臨床試験が行われているようで日本もスピード感をもって対応してほしいですね。日本ではまだまだ死亡数は世界的に見ると少ないですが、世界を助ける薬となってほしいです。